ターボ車でも燃費の良い、シルビアS15が手放せません。

約15年前に排ガス規制で最終型となってしまったS15シルビア。S13の頃から、スタイリングが格好良く、外してないなという思いから少しも迷わず購入しました。

ハイオクガソリンですが、とにかくよく走る!高速走行ならリッター12キロ以上は走っているんじゃないかと思います。下道でも、スポーツカーにありがちの「ガソリンを垂らしながら走っているのでは?」という感覚は全くなく、ガソリン車のファミリーカー並みの燃費の良さがあります。スペックRエアロに乗っていますが、エアロパーツの凄さは逆風の際、強風の際に分かります。他の車はふらついていますが、シルビアはビクリともしません。「なぜフラついているのだろう?」と走っていて、風の影響が分からないほどです。

逆風ならばダウンフォースが得られ、後輪が路面に密着するので恐いもの知らずです。純正のエアロですが、生産段階で練られた研究の成果といったところでしょうか?日産の技術の高さが改めて理解できます。現在、魅力があり、燃費の良いスポーツカーは少ないと思います。コスパの良い手ごろなスポーツカーがないため、どんなに大金を持っていたとしても、シルビアを簡単には手放せないでいます。